今日もありがとう

明晰夢 幽体離脱 卵巣がん闘病記 

光免疫療法 最新情報 アメリカ・日本・欧州での実用化が後押しされる 

f:id:myumyuuu:20180820121457j:plain

 

最新情報は最後のほうにあります。最新情報だけご覧になりたい方は目次クリックしてください。

光免疫療法とは

youtubeの説明動画紹介

再生中に画面下の字幕ボタン(歯車マークの左)を押すと日本語が出ます。

youtu.be

光免疫療法のメカニズム

どんなところが注目されてるのかな?

いままでの抗がん剤にはない新しいメカニズムなの。薬剤に毒性がなく副作用も少ないんです。

名前の中に免疫ってあるけど

そうね。光と免疫の2つの作用があるの。だから光免疫療法というんだよ。これから説明するね!

光免疫療法のの部分

光に反応する化学物質の薬剤を体内に注射し、薬剤にはがん細胞だけにくっつく抗体が含まれていて、抗体がくっついたがん細胞に、近赤外線をあてれば、がん細胞が膨らんで壊れる。

光免疫療法の免疫の部分

さらに死んだがん細胞からでた物質が免疫細胞のT細胞を活性化して、がん細胞を攻撃しはじめる。 

光免疫療法の開発者

 小林久隆主任研究員(米国立衛生研究所)らの研究チームが開発。

 

アメリカでの治験結果

米国臨床腫瘍学会年次会議(2018年6月1-5日)で発表 

タイトル

再発頭頚部がん患者の光免疫療法 多施設オープンラベル第2a相試験の結果

以下要旨

背景 

手術、放射線、プラチナ化学療法で効果が十分でなかった再発頭頚部がん患者の多施設オープンラベル第2a相試験 
安全性データは30人の被験者から、結果データは28人の被験者から評価された。

結果 

重篤な副作用は治療部位の疼痛、腫瘍の出血と腫れ 

全奏効率:腫瘍の縮小 28%(8人/28人)

完全奏効率:腫瘍完全消失 14%  (4人/28人)

無増悪生存期間*1中央値*2: 28人の評価可能患者 173日(5.7か月) 

生存期間の中央値*3:30人の患者全体 278日(9.1ヶ月)

結論 

再発頭頚部がん患者におけるRM-1929を使った光免疫療法は安全で許容される。 
無増悪生存期間、奏効率、完全奏効率は標準療法を受けた集団より改善されている
将来的に予定されている臨床試験は、RM-1929単独または他の治療との組み合わせによる治療効果を評価する内容になる。

(日本語訳,注釈,太字は筆者による)

参考文献

RM-1929 photo-immunotherapy in patients with recurrent head and neck cancer: Results of a multicenter phase 2a open-label clinical trial. | 2018 ASCO Annual Meeting Abstracts

 

協力者

 臨床実験を行うベンチャー企業:楽天アスピリアン社には楽天の三木谷さんが出資しています。ご自身のお父様のガンを治療したいとの思いで始められたそうです。(残念ながらお父様は亡くなられました。)

 

日本での治験について

現在日本での治験受付は2018年5月17日に終了しています。

治験の第1相は6ヶ月くらいかかるそうです。

治験開始が3月14日なので、9~11月以降に結果がでるのでしょうか。

 

治験の対象となるがんの種類

 頭頸部がん(15) | 国立がん研究センター 東病院

治験のお知らせ(よくある質問のまとめ)

https://www.ncc.go.jp/jp/ncce/topics/2017/20180315_RM-1929.pdf

 

実用化の見通し

近赤外線の届く範囲は体表から3cm内側と言われています。

そのため、治験では、体表に近い頭頸部がんが選ばれています。

深部にあるがんは、理屈上は内視鏡で近赤外線を当てることになるそうです。

治験には1、2、3相あり、アメリカでは第2相に入っています。

日本は第1相試験段階で、2018年3月から実施されています。

 

ヒトの治験は頭頸部がんのみ行われています。(2018年9月現在)

最新情報 実用化に向けた動き

光免疫療法の独占的ライセンスを持つ、楽天アスピリアン社は2018/8/23のプレスリリースでアメリカでの頭頸部ガンの第3相試験に向けて1億5000万ドル(167億円)を調達したと発表しました。また他のガンを対象とした第2相の治験2件も年内開始予定。

この資金調達により、米国、日本、欧州での光免疫療法の商品化が推進するそうです。

楽天アスピリアン社、シリーズC資金調達ラウンドで1億5000万ドルを調達 | 楽天アスピリアン社のプレスリリース | 共同通信PRワイヤー

 治験段階の治療法に関する一般的な問題点 

知り合いの医師から聞いた話の概要

一般的に治験段階の新薬は承認された場合、多くの人が使うことで莫大な収益になるためその効果を治験段階で大きく宣伝することがほとんどです

しかし、多額の開発費をかけても承認されず失敗に終わるケースも多くあります。

たとえば大日本住友製薬は、ガンの幹細胞のみを攻撃する世界初の新薬として注目されていた「ナパブカシン」の最終段階の治験に失敗し、計画が2年超伸びました。

光免疫療法は、2012年に当時のオバマ大統領が一般教書演説で取り上げたこともありメディアで大きく取り上げられてきました。早期実用化が待たれるところです。しかし頭頸部ガンの最終フェーズ、またそれ以外の部位はどうなのかという課題も残っています。

他に注目されている治験段階の薬の一例

ペプチドワクチン

CAR-T療法

 

www.myumyu.net

 

 

www.myumyu.net

 

 

 

*1:がんの進行なしの期間

*2:短い期間の人から順に並べた時、真ん中の人の期間 平均とは異なる

*3:短い期間の人から順に並べた時、真ん中の人の期間 平均とは異なる