今日もありがとう

明晰夢 幽体離脱 卵巣がん闘病記 

【体験談】大学で知り合った美人が彼女にならなかった話 5回もデートしたのに゚(´;ω;`)

f:id:myumyuuu:20180914230408j:plain

大学での出会い

同じ授業の女子。いつも自分の斜め前方向の席に座っていて、顔はよく見えないが、ロングヘアで、全体的にかっこいい。女の子らしいファッションでなく僕好みの格好だった。

当時4年だった僕は、卒論に必要な実験の被験者を探していた。何回目かの授業終わりに、近くにいる数人を勧誘した。授業でいっしょとはいえ、一度もしゃべったことのない人ばかりで、簡単にはokしてもらえない。

誰も見つからず、帰宅の途についた。校門の手前あたりだったろうか、先述の女子がいた。はじめて顔を正面からみることができた。なかなかの美人だ。身長は165cmくらい。ちょっと臆したが、勧誘するため思い切って声をかけた。

「あのーさっきの授業いっしょですよね」

「えっ?」

「あっいえ、自分は卒論で実験の被験者を探しているんですが、よかったらお願いしてもいいですか?謝礼も致します。」

「えっ、あっ、いいですよー」

以外とすんなりOKしてもらったv(=^0^=)v

デートするきっかけ

次の授業の後、いっしょに帰ることになった。実験の日程の話をした。途中で、お酒の看板があって、それを見て彼女がお酒の話をし始めた。

「このスパークリングワインどんな味がするんだろう?」

それを聞いて勝手に飲みにいきたいと思ってしまった僕は

「あっ今度飲みに行きます?」

「いいですね!ちょうどいきたいところあるんですよー」

なんて展開が早いのだろう!でも実験のことじゃないし。本題からずれているではないか。

しかし、内心うれしかった。当時は彼女はいなかったし、美人の友達もいなかったからだ。

美人の彼女とデート

1回目のデート

大学から電車で30分の駅の近くにある、おしゃれなイタリアンのお店だった。彼女は食べてみたい料理があり、それを注文した。魚料理のアクアパッツァというらしい。

食べ終わったあと

「今度ママとこようかな~」

こ、これは?もしかして、そのための下見?でもその時はあまり気にとめなかった。

食事代は実験の謝礼という意味で全部だした。

2回目のデート

大学の近くの喫茶店で

彼女はカフェラテを飲んでいた。取り留めもない話をした。

これまで彼女についてわかったこと

  • 同じ学部で同級生。
  • 大手企業の内定を取っている。
  • ゼミでは扱いされているみたい。
  • 同性からは嫌われるタイプっぽい。⇒内容後述します。
  • お水系とモデルのバイト経験あり。
  • 高校時代は、美人キャラでなくおもしろい系。大学でメイク化けしたのかも?
  • 彼氏はいない。

彼女は同性からは嫌われるタイプ

彼女が大学2年の時、合コンに参加した話

5対5。開始そうそう男5人全員が彼女を取り巻いてしまう。残りの女子4名が怒ってブースからはなれてしまう。

この状況を、全く悪いと思っていないようで

「なんで他の子会話に参加しないんだろう?」

なんていう始末。これは嫌われますね。

5回目のデート(3,4回目のデートの話は割愛します)

実験に3回参加してもらって、そのあと何度か食事に誘ったが、都合悪いということで断られた。

しばらくたち、卒業が近づいたある日食事に誘ってみた。

「いいですよ~」

これは!今回で会うの5回目だし、もしかして、お付き合いできるのかな?なんて思っていた。

ファミレスでランチをした。

しばらく話していると、

「最近、いとこが亡くなったんです。仲よかったのに...」

そして彼女は涙を流した

その時は、

「そんな話をしてくれて、僕の前で泣いてくれるなんて、もう彼女確定だな」

などど都合のいいことが頭をよぎっていた。

しかし...

その後の顛末

いい感じで5回目のデート?も終え、卒業を迎え、しばらくたった。

彼女を誘ってみたが、メールが返ってこなかった。

一ヶ月後にメールしてみたが、ダメだった。

その後、彼女から連絡もなく、関係はなくなってしまった。

5回もデートしたのに、なぜ彼女にならなかったのか あとから気づいたこと

全てはタイミングのなせるわざ

1回目のデート

彼女の目的:ママと来るためイタリアンレストランの下見をしたかった。ちょうど食事を誘ってくれたのでOKした。

この推理の根拠:店は彼女が決めている

5回目のデート

いとこが亡くなって傷心なところに、たまたま僕から誘いがあり、話を聞いて貰って気を紛らわせたかったのでOKした。

男性の扱いに慣れていた

彼女はお水バイト経験があり、よく知らない男性と食事に行くくらいのことは、簡単だった。

全く脈無しだったのか?

まったくなかったとは思いたくない。嫌いな人と5回も会わないだろうし。

ただ5回も2人だけで会って、進展ないところをみると、彼女の都合に利用されただけではないかと思う。

5回デートするために、15回くらいは誘ったと思う。その5回はまさにタイミングが合ってたまたまヒットになった回数というべきだろう。

まとめ

とはいえ、このタイミングを生かして、恋を成就させることこそが重要だったのではないか。早めにこのことに気づいていれば、もっといい対処の仕方があっただろうと思う。

でも外見じゃなく、気立てのいい子を選ぶことのほうが大事かもしれませんね^^;

 

 

www.myumyu.net