今日もありがとう

明晰夢 幽体離脱 卵巣がん闘病記 

集合住宅 光回線工事が失敗した!前編

f:id:myumyuuu:20181007124217j:plain

光回線工事見学の経緯

姪の家がADSLから光回線に変えるという。

おもしろそうなので立ち会って見た。

姪の家は集合住宅で、光回線が、共用部まできている。

光回線が後付けされたマンションなどでよくあるパターンは、VDSLと呼ばれる。共用部まで光回線で、宅内までは従来の電話線を使うという方法だ。そのため最大速度がくだり100Mbpsに制限される。

それに対して、今回の契約は、光回線方式と呼ばれる宅内まで光ファイバーを引き込む工事だ。100Mbpsに制限されることはない。だが集合住宅は、光回線方式であっても住人で一つの回線をわけることになるので、多くの住人の使用時間が重なると遅くなる。

工事当日の様子

NTTの下請けの業者が午後2時ころやってきた。

光ファイバーの束を持っている。

電話機のモジュラージャックのところに案内する。

 

モジュラージャックをはずし光ファイバーを入れる 

こんな感じでカバーを外します。ぴんぼけですいません。

f:id:myumyuuu:20181004211507j:plain

 

電話線が見えます。

f:id:myumyuuu:20181004211742j:plain

光ファイバーの束です。これをモジュラージャックのところに入れます。スプレーが見えていますが、滑りをよくするものでしょうか。

f:id:myumyuuu:20181007122727j:plain

 

こんな感じでオレンジの光ファイバーを入れていきます

f:id:myumyuuu:20181004211941j:plain

 問題発生

ところが!

数mくらい入れたところで、ストップしました。

 

作業の方の主張する原因
  • 家の別の部屋にモジュラージャックがあり、そこが中継点になっているのでそこで詰まっている。
  • モジュラージャックが他にない場合、単に詰まっている。

対処

作業の方の要望

 光ファイバーを出し入れするので、音がどの辺で起こるか聞いてほしい。

光ファイバーを出し入れすると、詰まっているところに当たるので音がするそうです。聞いていると、別の部屋の入口付近の壁から、カチカチという音が聞こえます。

そこにモジュラージャックがあると作業の方はみたようで、壁をみようとしますが、タンスと荷物があってみれません。

別のお宅の作業に行ってくるのでそれまでにどかしておいてほしいと言って作業の方は一旦退散しました。

姪の話では、モジュラージャックは、1個しかないそうです。(写真のもの)

念のため、タンス類をどかしてみることにしました。

 

格闘すること20分、音が聞こえた付近の壁が見えてきました。残念!なにもありません。写真を撮ってタンス類は邪魔になるので元に戻しました。

f:id:myumyuuu:20181004214035j:plain

今日は失敗 

1時間後、作業の方が戻ってきました。なにもなかったことを伝えたのですが、納得がいかないようで、ヘッドライトをつけて、壁を見ようとします。

やっぱり自分で見ないと人間って信じないんだな~ そんなこともあろうかと写真撮っておいたのです!

案の定、写真を見せると、あっさりと納得されました。

その後、作業の方は、上司と電話でやりとりしています。

会話が聞こえてきます。

「線が途中でとまっちゃったんですよ。別部隊をよんでほしいのですが....」

次回の作業予定 

電話が終わって説明を受けます。

光ファイバーを通すための配管の状態を特殊な装置で見るため、後日、専門班と来るそうです。その装置は、ファイバースコープカメラという先端にカメラのついた細長い線のようなものだそうです。

 

次回開通後また報告します!