今日もありがとう

明晰夢 幽体離脱 卵巣がん闘病記 

【体験】幽体離脱 どんな感覚なのか?後半は科学的研究紹介 

f:id:myumyuuu:20180829021943j:plain


筆者は、10年以上前に「最近幽体離脱にはまった まとめサイト」で 幽体離脱の記事を目にし、簡単なトレーニングを経て1ヶ月後に明晰夢、幽体離脱を体験しました。本稿ではその体験内容を紹介します。 

 

 幽体離脱とは?

 

幽体離脱は、魂が肉体から離脱するといったオカルトの文脈で扱われることが多かった。しかし、十数年前のVIPスレ最近幽体離脱にはまった登場以降、エンターテインメントのツールとしてのポジションを確保してきている。そのため、一般ユーザーの興味は、その方法にあてられることになった。

幽体離脱、明晰夢、体外離脱の定義

 本稿では、以下のように定義する

明晰夢

夢の中で夢を見ていると気づく

内容をコントロールすることが可能

五感の覚醒レベルが低い

 

 幽体離脱

五感の覚醒レベルが明晰夢より高い段階

身体から離れる感覚、および独立した何かが自己であり動いているという感覚がはっきりある。

 体外離脱

内容は幽体離脱と同じ

 

幽体離脱はどんな感覚?リアルな体験談

 体外離脱は年間5回ほど。継続時間はどれも短く、ながくても体感で20分ほどだろうか。

体験1 体から離れるときの感触

就寝中に夢に気づくというより寝ていることに気づいて、目が覚めない状態で身体からローリングしてはなれた。身体から幽体?がはがれる感触がする。物に接着剤を塗り、はりつけてすぐ剥がし接着剤が糸を引いている感じ。剥がれるときシュワーという音がした。自分の身体をみようとしたが見えなかった。自分の部屋が全然ちがうことに気づいた。

接着剤の画像がなかったので代わりに納豆を貼ります

f:id:myumyuuu:20180829020008j:plain

 

体験2 体に戻るときの感触 

寝ているとき寝ている自分に気づき、幽体?が身体の上で浮遊していた。移動しようとしたが、身体に吸い寄せられ、身体に戻るとき足から入り次に頭が一致した。(ザ・たっちの幽体離脱ネタを逆再生したような感じ)平衡感覚はあったが、視覚はなかった。

地上から少し上に浮遊している感じは、重量のある自分の肉体が本当に浮いているようで、いつも驚かさせられる。

ザ・たっちって....例え古すぎでしょ 最近の人知らないんじゃない?

 

f:id:myumyuuu:20180829022129p:plain

幽体離脱:感覚の有無

視覚 見えない場合が半数ある

触覚 ある

聴覚 たまにある

味覚 ない

嗅覚 ない

平衡感覚 ある

 

オカルト的要素 タイムリープ?

 体験からの検証

 ・予知はできない

 

・現実世界は見えない

 見えたと思っても実際と違っている

 

・一度過去のような景色がみえた(タイムリープ?)

 体脱後壁抜けで屋外へ

 家の前の道路が土、(現実はアスファルト)停車中の車が50年以上前のダイハ

 ツミゼット 本当の過去の光景だったのだろうか?

幽体離脱の方法

筆者の場合、偶発的に起こることが多い。

 

意図的なものでは明晰夢中、体を回転させ抜け出るローリング法*1

ヘミシンクの効果

ヘミシンクとは

ロバートモンローが開発した。

異なる周波数の音を左右の耳から聞くことで、変性意識状態へと誘導する技術

試してどうたったのか?

深い集中へといざなう効果はある。

筆者はこれを聞いて即座にはできなかったが、継続すればできる可能性を感じた。

幽体離脱中にできたこと

空をとぶことや壁抜けくらいだろうか。

長期滞在したり、何か作り出すことはできなかった。

ガイドやパートナーが現れたことはない。

 

幽体離脱と科学

でもさ これって頭の中の錯覚みたいなもんだよね

実はそれを裏付ける研究があるんだよ

幽体離脱は単なる脳内現象だ!幽体離脱を誘発できる脳の部位の発見  

てんかん治療を受けている患者の頭頂葉の角回を刺激すると、患者の意識は2メールほど上昇し、天井付近からベッドに寝ている自分が部分的に見える。

ジュネーブ大学病院のブランケ博士らの実験より

 参照元

Neuropsychology: Stimulating illusory own-body perceptionsOlaf Blanke , Stphanie Ortigue , Theodor Landis & Margitta SeeckNature volume 419 , pages269 – 270 (19 September 2002)

やっぱそうでしょ!

でもね そうじゃないっていう調査もあるんだよ

えー! じゃあ体からなんか抜けてんの?

抜けている状態を計測できたわけじゃなく、抜けてないとできないことが起こったというわけだ まあ次を見て

幽体離脱は単なる脳内現象ではない! 肉体の外に意識がでたと思われる事例

臨死体験をした女性の証言
身体の上に浮かび上がり、上から蘇生治療をうけている様子を見下ろした。そして上に上昇し天井を突き抜け、その病院の屋根にテニスシューズ片方が落ちているのを見つけた。しかもその外見を詳細にみることができた。

蘇生治療成功後に医師に臨死体験とテニスシューズのことを話したが笑われた。だがその後、彼は、実際に彼女が言った特徴のテニスシューズを病院の屋根の上で見つけて信じるようになった。

参照元

K.Ring 6 M.Lawrence,Further evidence for veridical perception during
near-death experiences,Journal of Near-Death Studies,vol.11,no.4,1993,226~227

まとめ

 筆者は学生時代の研究の関連で明晰夢を自ら試みてきました。

その過程で、幽体離脱と思われる事象も体験し、今回はじめてその内容をブログで書きました。

幽体離脱現象は、人に魂的なものがあるのかといった未知の領域解明の糸口になる可能性を持っています。しかし科学の発展は、それを妄想へと追いやるのでしょうか?今後の展開に注目しましょう。

幽体離脱に関しては、その危険性を唱えるサイトも散見されます。根拠は医学的なものとは違うようですが、試みられる方は、慎重に行い、自己責任でお願いします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

あわせて読みたい

www.myumyu.net

 

www.myumyu.net

 

 

体外への旅 (サポート用Hemi-Syncシリーズ)

体外への旅 (サポート用Hemi-Syncシリーズ)

 

 

 

*1:「最近幽体離脱にはまった まとめ」サイトご参照ください