今日もありがとう

明晰夢 幽体離脱 卵巣がん闘病記 

塾講師バイト かわいい子に好かれたらいじめられた話

f:id:myumyuuu:20180903230305j:plain

みゅうさん学生時代に塾のアルバイトしてたんですって?

そうなんですよ。大学2年のとき。でもあることがあってやめたんですよ

えっそうなんですか。教え方へただったとか?

そういう理由だったらいいほうですね えーと もっと理不尽なんですけどね  女の子がらみの話なんですけど

なになに 恋愛系?

いやそれまずいでしょ そうじゃなくて...

まあとりあえず話を聞こうか!

 

 

はじまり

塾アルバイト開始

僕は、大学2年のときに個別指導塾で講師のアルバイトをしていた。週2回、3~4コマ/日、ひと月5万くらいにはなったと思う。

募集を見て応募した。駅前なんかにあるわりと大手の学習塾だ。

面接だけですんなりと採用が決まった。

担当科目は英語。中学生と高校生を教えていた。同時に2人以上担当するシステムだった。

 

登場人物

お顔の偏差値40の子:以下40子 高校1年 ロング

お顔の偏差値65の子:以下65子 高校1年 ショートボブ

塾の正社員:以下社員

 

女子高生40子と65子の確執

40子65子は同じ高校の1年生だ。僕は40子の担当で、話を聞いてあげることが多かった。その中でも65子への嫉妬、妬み?はかなりのものがあった。

それは外見から起因すると思われることだった。

40子によれば

40子がクラス男子達と買い出しに行こうとしたら65子が割り込んできて、邪魔すんの。男子みんな65子についていっちゃたんだヽ(`Д´)ノプンプン」

ほんと女の子って外見で判断されるよね。残酷...

この話を聞いたときは、40子に同情しなぐさめもした。

そのとき僕は40子の味方だったし、40子も僕を信頼してくれていたはず...

 

 

なんとかわいい65子に好かれてしまう!?

65子は週一の担当だった。

テニス部で、テニスの話などでは盛り上がったが、先述した40子の話があったのでちょっと距離を感じていた。

しかし、時間が経つにつれ、65子は、なついてくるようになった。

ある日のこと、65子が帰り際に話かけてきた。聞いて欲しかったことがあったらしく立ち話だが10分以上話していた。周りからはとても仲がいいように見えたかもしれない。ちょうどそこに社員が通りかかった。チラリとこちらを見てにっこりした。これは、これから起こることの予兆だった。もちろんその時は知る由もなかった。

 

 

40子の態度が急変し、いじめが始まる

これは僕が65子と仲良くしたからじゃない。

なぜなら、そのころ65子が40子の宿題レポートを手伝ったとかなにかで2人の関係は良くなっていたからだ。

あとから気づいたことだったが、40子との会話のなかで致命的なミスをしてしまっていた。

そのせいで40子は僕を敵視するようになり、いやがらせがはじまった

それは、まず、すごい量の参考書を抱えて、背後から僕が座っているところに接近する。

f:id:myumyuuu:20180903021011j:plain

次に、よろけたふりをして、参考書を座っている僕めがけて落下させるという高度な?わざだった。

そして落下させたあとは「あ~らごめんなさい」というノリで謝罪のフリをした。

良い子のみんなはまねしちゃダメですよ!

これがわざとだという根拠は、3回も同じことをしたからだ!

当時、嫌われる原因がわからなかった僕は、怒りと困惑の中にあった。

本人と会話しようにも逃げてしまう。担当からもはずれた。

塾に出勤したくない...

そして休みがちになっていく...

40子との会話 後になってわかった致命的なミス

まだ40子に嫌われてなかったころの話

授業中の雑談

40子の部活(漫画部)にいる女子の話題だったが、40子はその彼女の外見がひどすぎてどうしようもないと笑っていた。

その時、僕は反射的に「そういうふうに言うのはよくない」と言った。

すると40子は、はっとして

「そうですね。わたしも人にいえるような見た目じゃないですし」

僕は、そういう意味でよくないと言ったのではないが、40子その返答になにもかえさなかった。

どうすべきだったのか

内心、40子の返事の内容は、まさにその通りだと思ってしまったから何も言えなかったのだろうか?

いやそうであっても「そんなことないよ。気にしすぎ。」と言ってあげるべきだったのだ。

恨みを買わないためにも!

 

スポンサーリンク 

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

社員からのいやがらせ

40子がわざと参考書を落下させたこともあり、社員には40子へきちんと注意するようお願いしていた。

しかし、いつになっても注意せず、逆に40子と仲良くしている。

40子は増長するばかりだった。

この原因は、以前65子と僕が長く立ち話をして、仲のよさを周りに知られたことにあった。

実は、社員は65子が好きだった。(これは後に65子から社員の本人に対する行動を聞いた結果判明した。)

内心65子と仲がいい僕に嫉妬していた。

僕への嫉妬心は、問題行動を起こした40子の味方をするといういやがらせになって表面化したのだった。

エピローグ

40子からのいやがらせの原因がその時は、わからなかったため精神的に参ってしまっていた。

そしてついにこの状況に耐えられなくなった

ちょうどアルバイトを始めて8ヶ月後だったろうか、教室長に退職願いを提出した。

事情を知らない教室長に引き留められたが、体調不良という理由で辞めた。

 

65子の僕への態度が変わらなかったことは、せめてもの救いだった。

彼女のその後は風のたよりによれば、才媛であった彼女は、高校、大学

を卒業し、社会に出られ、結婚され、お子さんもいらっしゃるとか。

 

40子に対しては、会話での致命的なミスさえなければと悔やまれる。

いやがらせの原因がこの会話にあったと塾を辞めたあと気づいてからは、むしろ

申し訳なかったと思っている

 

 

ふむふむ 話がこみいってるね。結局なにが悪かったんだろう?会話の中で、外見のことに関して40子をフォローできていればやめなくてすんだのかな?

どうなんだろう?僕に対する40子の恨みと社員の嫉妬心の2つが絡んでややこしくしてるよね。

なるほど じゃあまとめて今後の教訓にしましょうね

  • 女の子との会話では外見に関する発言に十分注意する
  • 同性には、外見のいい異性と仲良くしていることを悟れられてはいけない

 

最後までお読みいただきありがとうございました。