今日もありがとう

明晰夢 幽体離脱 卵巣がん闘病記 

明晰夢 誰でもできるなんて嘘 その科学的根拠

f:id:myumyuuu:20180831211351j:plain

 

明晰夢はだれでもできると謳っているサイトは多い。しかし2015年の研究では、そうでないことを示唆する結果がでている。これから明晰夢研究の歴史をひも解きその実態に迫りたい。

明晰夢研究の歴史

経験者の調査

明晰夢の学問的研究は、80年前にマレー半島に住む山岳民族セノイ族の夢見の技法を調査した文献 からはじまり、1968年のCelia E. Greenによる明晰夢体験者の報告をまとめた’LUCID DREAMS’ がパイオニア的存在とされている。

科学的実証へ

その後、1978年Keith Hearneが、 実験を行い、睡眠中の被験者にあらかじめ取り決めたコードを明晰夢を見ているときに眼球の動きで発信してもらい(たとえば上下上上に目を動かす*1)その計測に成功した。はじめて明晰夢が科学の俎上に載った瞬間だった。その後スティーブンラバージは、Keith Hearneの実験の追試を行い成功した。彼は、それを科学誌に発表したことで一躍脚光を浴びた。

日本の東邦大学理学部においても、同様の追試が2012年当時の渡部恒夫教授率いる研究チームによって行われ成功している。 

明晰夢―夢見の技法

明晰夢―夢見の技法

 

 

明晰夢の発生メカニズムに迫る

脳への電気刺激が明晰夢を誘発する

tACS法の装置は、電極が付いた2つの小さな箱で構成されており、頭部に隣り合わせに設置されたこれらの箱から、微弱な低周波電気信号が脳全体に送られる。

電池式のtACS装置は、それぞれ脳の前頭頂部と側部に位置する前頭野と側頭野に電流が流れるように装着された。

研究チームは18歳から26歳までの女性15人と男性12人の被験者を採用し、睡眠検査室で最大4夜を過ごさせた。

研究チームは、被験者がレム睡眠を23分間経験した後、tACS装置または電流を流さない「疑似」の手順を約30秒間作動させた。電流は、被験者が目を覚まさないように知覚のしきい値を下回る大きさに設定した。

その後、被験者を起こし、それまで見ていた夢の内容を尋ねた。

■夢をコントロールする

ボス氏は、AFPの取材に「夢の報告内容はみな同様で、被験者の大半が『自分自身を外側から見ている』ようだったと話しており、夢はまるで画面に映った映像のように外側から見られた」と語る。

「また、被験者は自分が夢を見ていることを自覚していたという報告が多く寄せられた」

被験者に対する実験は、交流電流の周波数を2ヘルツ、6ヘルツ、12ヘルツ、25ヘルツ、60ヘルツ、100ヘルツと変えて行われた。

ボス氏は「効果は25ヘルツと40ヘルツの場合のみ観察された。これはどちらもガンマ周波数帯下位域の周波数だ」と指摘する。

「この周波数帯は自覚意識に関連しているとされてきたが、これまで因果関係は確立されていなかった。今回の研究でそれが確証された」

 

出典 AFP BB NEWS

文中の研究チーム:独ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学フランクフルト ウルズラ・ボス氏の研究チーム

 

明晰夢を見やすい人は脳の前頭極の灰白質が大きい

参加者は、明晰な夢の能力を評価するアンケートを完了し、構造的および機能的MRIを受けた。 我々は報告された夢の明晰さに基づいて参加者を分割し​​た。 低明晰群に比べて、高明晰群の参加者は、前頭極の灰白質量が大きかった。(引用者訳)

出典:Metacognitive Mechanisms Underlying Lucid Dreaming Elisa Filevich , Martin Dresler , Timothy R. Brick and Simone Kühn Journal of Neuroscience 21 January 2015. 

f:id:myumyuuu:20180923205725p:plain

 

★ 幽体離脱に関係する実験を含む記事はこちら

      幽体離脱 体験したことあるよ!

考察

明晰夢の発生メカニズム

睡眠中に脳の前頭葉などが、起きているときに収集された情報等をまとめている最中夢を見ている状態と仮定する。その時、前頭葉がより覚醒時に近い状態になった場合、夢を見ていることに気づくことがおこると考えられている。

簡単に言えば、

起きている状態

身体が起きていて、脳も覚醒している⇒ 外界の景色が見える。

明晰夢の状態

身体が寝ていて、脳がある程度覚醒している⇒ 自分の頭の中がみえる

先述の2つの実験のうち、最初の電気刺激で脳を刺激した実験は明晰夢状態に必要とされる脳の特定部分を刺激することに成功したため、強制的に明晰夢をみさせられたと言える。

もう一方の実験は、脳の構造自体が明晰夢の見やすさと関係していることを示唆している。

論理的にみれば

命題

明晰夢が見れる ⇒ 灰白質量が多い 真

対偶

灰白質量が少ない ⇒ 明晰夢が見れない 真

 

よって明晰夢は誰でもみることはできない。

 

なんだか頭が変になりそうね

 

まとめ

近年の計測機器の進歩に伴い、脳の研究も進んできた。その過程で、明晰夢、幽体離脱といった現象に科学のメスが入り始めた。明晰夢に関しては、その見やすさと脳の構造の関連が検証された。それによって次の2点が示された。

  • 明晰夢を見ることに関連した脳の部位を電気刺激すると明晰夢を見る可能性が高まる
  • 脳の前頭極の灰白質が多い人は明晰夢を見やすい。

灰白質が少なく見れない人であっても、脳の灰白質は増減するため何らかの方法で灰白質を増やせれば、見やすさの改善につながる可能性はある。(逆に加齢で灰白質が減少し、見にくくなる可能性もある)

 最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

www.myumyu.net

 

*1:明晰夢中は身体は動かないが、目を動かすことができる